« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月14日 (水)

エリカラ改造計画!

9月末に、膝蓋骨脱臼の手術をした愁ですが、

先日お伝えしたとおり、手術した脚の傷口に留めてあったホッチキスの芯のような物を、

エリカラの淵を使って外すと言う、荒技を披露してくれました(lll゚Д゚)

(参考:エリカラ事件

完全に傷口が塞がった訳でないので、エリカラは必要。

けど、今まで付けていたエリカラだと、またガリガリして傷口がパックリ開いちゃうかも?

開いちゃうのも怖いし困るんで、何か対策を考えなければ・・・。

と、某ショップで軽い柔らかいタイプのエリカラを購入。

が・・・、首のサイズに合わせて購入したので、脚まで届いちゃう(;д;)

(試着出来なかったので仕方ない・・・涙)

どうにかしなきゃ。。。

と、考えついたのが

Imgp3862

ほっかむり(≧∇≦)v

コレを脱げないようにピンで留めてみるか?

でも、ピンを飲んじゃったらそれこそオオゴトだし・・・。

とか考えてたら、

Imgp3863

やっぱり無理か・・・down

だけど、とにかくどうにかしなきゃって思って、自分でエリカラを作ってみました。

Imgp3870

いろんなサイトで作り方とか紹介してたけど、(少しだけ参考にはさせてもらいました♪)

難しいし裁縫が苦手な私。。。

おまけに我が家には、ミシンがない!!

なので、すべて手縫いです。形が歪なのは許してくださいsweat01

表でも裏でも使えるよう、リバーシブルに。(布がなかったとも言う。。。滝汗)

残念なことに、この手作りエリカラ、単品では使えません!!!

生地の間に、クリアファイルを入れてるのですが、1枚のみだった為にペランペラン。

柔らかすぎました。

かなりの時間を要して作ったので、作り直す気力もなく・・・(涙)

せっかく作ったのに使えなかったので、落ち込む私に、

「別に単品じゃなくてもいいんやない?

この前買った、エリカラと組み合わせれば、何とかなるかもよ。」と、愁パパ。

2人で、あ~でもない、こ~でもないと模索した結果、

Imgp3864

愁のMyエリカラ完成~o(*^▽^*)o

ガムテープでくっつけたけど、(ホック付けるの忘れた。。。爆)

初めて作ったにしては、なかなかいいんじゃない?(←自己満足です。。。汗)

愁も前回のに比べて嫌がる様子もなく、

Imgp3865

器用にボールで遊んだり

Imgp3866

そのまま眠ったりしてます。

もうしばらくの間、エリカラ頑張ろうね~♪

Imgp3867

まだまだ改造しなきゃならない箇所もありますが、エリカラについては、やっと一件落着です♪

あ~良かった~^^

cloverおまけclover

手術後、14日目の愁の脚。

Imgp3868

手術で刈られた毛が、ずいぶん生えてきました!

また、3ヶ月ごには刈られちゃうんですけどね・・・down

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

↓多忙の為、コメント欄、閉じてますm(_ _)m

|

2009年10月12日 (月)

エリカラ事件

9月の28日(月)に膝蓋骨内方脱臼の手術をした、愁。

(膝蓋骨脱臼については、コチラ

通常なら1週間ぐらい入院させるらしいのですが、手術から4日目でお家に帰ってきました(lll゚Д゚)

Imgp3738

↑(見にくいのですが・・・)手術前のレントゲンです。

Imgp3739

↑手術後のレントゲン。 

膝からボルトを入れ、ピンで固定し脱臼を防ぐ手術をしました。

そして、3ヵ月後ぐらいにボルトを取り出す手術をします。

写真の真ん中ぐらいにいっぱいついてるピンは、ホッチキスの芯みたいなもの。

傷口は、この芯でくっつけてます。

Imgp3856

手術後4日目、帰って来てすぐの愁の脚。

まだ、腫れてます。。。

病院からは、「家で普段どおりの生活でも、大丈夫です。ただ、エリカラだけは必ず付けて過ごしてくださいね!」と。

普段どおりと言われても、やっぱり心配で夜はハウス(ケージ)にIN。

(今までは、留守番以外は自由にさせてましたsweat01

ハウス(ケージ)を嫌がるのはわかってたけど、愁の為!と心を鬼に。

すると以外にも、

Imgp3748

トイレの上でまったり過ごし、(ハウスが狭いって言うのもありますが・・・)

静かに寝てるみたいだったので、落ち着いたかな?と電気を消すと、

Imgp3859

カイ~カイィ~かいい~と、エリカラを脚でケリケリ・・・。

ハウスから「出して~!」と吠えたり鳴いたりしないものの、とにかくエリカラをケリケリ&カリカリ。

その音があまりのうるさくて、私も愁パパも眠れず睡眠不足に(涙)

昼間はケリケリもなく、家の好きな場所で過ごしたり、自分からハウスに入ったりしてるのに。。。

愁パパのお母さんにお願いして、エリカラの上から布でカバーを付けてもらってとりあえず様子をみることに。

布カバーで音こそマシになったものの、相変わらず「カイカイ~カイィ~」は続きエリカラをケリケリ。

私が見てる間は大人しく寝てるんだけど、目を離すと↑が延々続くので、

「とにかく見てなきゃ無理・・・」と判断し愁に付っきりな状態に・・・。

そして。。。先週の月曜日の朝、事件は起きました。

その日、朝方まで起きていたけど力つきて、2時間程寝てしまったんです。

愁に目をやると、エリカラが血まみれ

とにかくハウスから愁を出して確認すると、手術した脚から血が!!

Imgp3860

↑レントゲンに写ってたホッチキスの芯のようなもの。(全部で11コ)

血まみれになったのは、このホッチキスの芯のようなものを、エリカラの淵でガリガリし、上から2コ目まで外しちゃったんです。

しかも、外したホッチキスの芯が1コしか見つからず・・・。

慌てて、病院にTELtelephone

事情を説明すると、「先生が緊急手術中なので、すぐには対応出来ないけど終わり次第、診察しますので病院に来てください。」と。

急いで用意して病院へ。

到着してから少し待ったけど、手術後に1番に診てもらえ、

愁を診た先生が、

「愁ちゃん、そんなにコレ(ホッチキスの芯)が嫌やったんね~?しかし、派手にやっちゃったね~!いつもお利口さんなのにね~。」

と、苦笑い。

「お母さん(私)、心配しなくても大丈夫。残りの2コは取っても、傷はくっついてるし、他の芯もウ○チで出てくるから、消毒と痒みをとる注射と内服追加しときますね。」

と、お注射チックンsweat02

「これ以上、傷口が開いたら縫いますね~heart04また、週末に来てください。」

先生・・・ホントにそれだけで大丈夫なの??

と、思いましたが・・・。

家に帰ってから、すぐウ○チが出て、その中にホッチキスの芯が!!

よかった~~~ヽ(´▽`)/

病院で聞いた話だと、家に帰る前の日(手術後3日目)にも、この芯を外しちゃったみたいです。。。

しかも、今まで同じ手術をした中ででも稀だと・・・。

愁くん、アナタ前科があるじゃないか~||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||

病院後の愁の脚ですが、

Imgp3861_2

こんな感じになりました(汗)

芯を飲み込んじゃったりしたけれど、愁は元気です( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
にほんブログ村

↓多忙の為、コメント欄閉じてますm(_ _)m

|

2009年10月 6日 (火)

病名と経緯

愁の手術のことで、たくさんの方から励ましや応援のメッセージを頂き、

本当にありがとうございましたm(_ _)m

心よりお礼を申し上げます。

手術も無事に終わり、順調に回復しています。

いっぱいご心配もお掛けして、ごめんなさいm(_ _)m

完治までの道のりは、まだまだ長くなりますが、愁のケアも今まで以上に頑張っていこうと思っています。

今後も、愁を温かく見守ってくだされば幸いです。

Imgp3729

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

手術から、1週間が経ちました。(↓今回は、長文です。ごめんなさい。。。)

今回、愁が手術した場所は、左脚。

9月の連休中(シルバーウィーク)にお友達と遊びに行き、嬉しさのあまりピョンピョン。

着地に失敗し、左脚を浮かせてる状態。

すぐに元に戻ったものの、しばらくするとまた左脚を挙げる。

「脚が何かおかしいな?」と思いつつも、

当の愁は、痛そうな様子もなく、元気いっぱい。

一緒に遊んでいたお友達さんが、動物病院を探してくれていたけど見つからず・・・。

お友達さんに心配を掛けたまま、お開きに。

(本当に心配させてごめんなさいsweat01

お家に帰って病院を探すも、見つからず。

パパの友人が、「直方市に無休の病院があるよ!」とのことで、翌日、病院へ。

触診してもらうと、

「膝が脱臼しやすくなってる・・・すぐに外れますね・・・」と。

念の為、レントゲンも撮って説明を受けました。

病名は、「膝蓋骨内方脱臼」(通称:パテラ)です。グレード3ですね。」と。

(膝蓋骨脱臼については、コチラ

正直、この病名を聞いたとき頭を「ガツッ!」っと殴られたような感じでした。

愁が、「膝蓋骨脱臼?パテラ?」「ウソやん・・・!!」

ずっとこの言葉が、私の頭の中をグルグル。

もともとガ二股で、1ヶ月に1度は必ず動物病院で脚の状態を診てもらってました。

今まで、「膝蓋骨脱臼」と言われたこともなく、

私自身も安心しきっていました・・・(涙)

もっとちゃんと気遣ってあげれたら、こんなことにはなってなかったんだ・・・。

バカやん私・・・と、めっちゃくちゃ落ち込みましたdowndowndown

Imgp3732

手術するかどうかは、いつもの掛かりつけの病院で診てもらうことに。

連休が明けて9月24日、パパと一緒に掛かりつけの病院へ。

触診する先生の顔が、曇る・・・。

「かなり厳しい状態。グレード2~3の間ですね。。。飛び跳ねたりするとで外れやすくなります。」

「膝を伸ばしてたりして、外れた時に自分で膝を入れてますね。。。」と。

よくよく考えれば、寝起きの時とかにも後ろ脚を伸ばしてたりしてたのですよね・・・。

大好きなお散歩中も、急に歩かなくなったり・・・。

脚が痛かったんだ・・・。

気がついてあげれなくて、ゴメンね愁m(_ _)m

連休中に他の病院を受診していたので、覚悟はしてたもののまた、落ち込みました。

今まで「手術」と言ったことがなかった先生が、

「早い内に手術してあげた方が、このコ(愁)の場合は良いかも。」

「この状態のままでは、思いっきり走ったり飛んだりすると悪化する可能性のある。」と。

手術の説明を聞き、パパと考え、手術することに決めました。

幸いにも、愁の掛かりつけの主治医の先生は、獣医学会とかに出席され整形外科の手術もたくさんしてこられた方。

全身麻酔のリスクもあったけど、早く治してあげて思いっきり走ったりさせてあげたい!

って気持ちが強くて、急遽9月28日(月)に手術。

Imgp3731

(↑私が大好きな愁のもふ尻heart04

左脚&左のお尻付近の毛が刈られちゃいました(p´□`q)゜o。。

手術も無事成功し、経過も良好で翌日には、すでに脚が地について立ち上がったりしてたそうです。

(普通の仔は、1週間ぐらいで脚がつくようになるらしいです)

手術後4日目(ちょっと早い気もしますが、愁の心のケア&回復が早いってことで)

10月1日(木)の夜、お家に帰って来ました。

Imgp3748

エリカラ愁です♪

エリカラ愁もかわいいのですが、残念な事に、このエリカラのおかげで耳毛に巨大な毛玉が・・・。

貴重な耳毛なのに~どうやっても修復出来ず、泣く泣く毛玉を切りました。。。

Imgp3749

そして、このエリカラと愁が、大変なことをやっちゃいます(lll゚Д゚)

それは、また次回にでも。。。

長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました~♪

↓まだまだ多忙な為、コメント欄閉じてます。。。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »